シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サラリーマンのほとんどが理解していない「所得税」を勉強しよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

syotoku_tax001

サラリーマンの人は、普段あまり気にしないと思われる所得税。サラリーマンの場合、給与の額面金額から天引きされるため、自ら納税している感覚が希薄だからです。

私も、税に関しての知識がない時は「なんとなく払っているの知っているけど、詳しくは知らない。」程度でした。

所得税を勉強する事によって、自分の給与からどれくらい税金で取られているのか考えてみるのも良いと思います。

先日、ある番組でも「俺、税金払い過ぎてへん?」と言っている人がいました。確かに稼いでいる人はたくさん税金を支払っていますからね。私もたくさん税金を払うくらいお金が欲しいです。

そんな訳で、所得税についてお勉強していきたいと思います。

所得税とは

所得税とは、個人が得た所得に対する税金のことです。ここでいう所得とは、個人が1年間に得られた収入から、その収入を得るために必要となった経費を差し引いた金額、いわゆる「儲け」のことを指します。

syotoku_tax002

所得税の種類

所得の種類は10種類に区分することができます。

◆関連記事・読んで損はしない!:所得税の種類は給与所得だけじゃない。所得税10種類を解説します!

所得税の計算の流れ

syotoku_tax003

(1)所得金額
・収入金額 - 収入から差し引かれる金額(必要経費等) 

(2)課税所得金額
・所得金額 - 所得から差し引かれる金額(所得控除)

(3)所得税額
・課税所得金額 × 税率 

(4)申告納税額
・所得税額 - 所得から差し引かれる金額(税額控除)

スポンサーリンク

所得控除の種類

所得から差し引くことができ、課税されないものをいいます。控除の種類は以下の通りです。

syotoku_tax004

税率

金額は、次の速算表を使用すると簡単に求められます。

syotoku_tax005

所得税の計算方法

総所得金額から所得控除の合計を差し引いた金額(課税所得/1,000円未満切り捨て)に対して、税率をかけて計算します。

所得税を計算してみよう!

<税額計算情報>
★給与収入 3,000,000円
★支払医療費:120,000円
★支払社会保険料:417,240円

給与所得を算出

・給与収入 3,000,000円 - 給与所得控除 1,080,000円 = 給与所得 1,920,000円

<給与所得控除額>

syotoku_tax006

医療費控除額を算出

支払医療費120,000円 -(所得金額 1,920,000 × 5%)= 医療費控除 24,000円

所得税を算出

所得控除(所得税):
社会保険料控除 417,240円 + 医療費控除 24,000円 + 基礎控除 380,000円 = 821,240円

課税所得(所得税):
所得金額 1,920,000円 - 所得控除(所得税) = 1,098,000円(1,000円未満切り捨て)

所得税      :
課税所得(所得税) 1,098,000円 × 5% = 54,900円
syotoku_tax007

上記の金額した結果、所得税は【54,900円】となります。

知らないより知っていた方が良い

いかがでしたでしょうか?
知らない人は、「そうなんだぁ。へーへーへ!」とへーボタンがあったら(古いですね)押して頂ければと思います。

給与所得の他にも色々な所得がありましたね。
次回は、住民税の事について書こうと思います!