シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「がんの治療にかかる費用は100万円で足りる!」と思っている人!その情報、本当に正しいですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 20

gan_hoken_001_001

がん保険を調べると同じような保障内容ばかり。「がんと診断された場合、一時金として一括で100万円を支給します」とよくパンフレットに書かれています。【100万円】という文字だけ見ると、医療保険と違い給付される金額が多いと思います。

私、個人的にがん保険を調べれば調べる程、「一時金100万円って本当に足りのか?」と思ってしまいます。私のブログで医療保険について書いた時にも書きましたが、保険は最低限補うためのものだと思っていますが、補えず大変な思いをしては意味がありません。【保険料≠保障内容】では話になりません。

今日は、なぜがん保険と診断された場合、一時金100万円では不足となる場合があるのか説明したいと思います。

がんの治療と費用

がんと診断された場合、治療方法として3つの治療方法があります。手術、抗がん剤治療、放射線の3つ治療法があります。

スポンサーリンク

手術

手術によってがんを取り除く治療です。がんとなってはいるが、まだ小さいがんであったり転移をしていない場合、手術でがんを取り除く方法が多いそうです。

最近は小さながんは内視鏡的に切除することができるようになりました。体に全身麻酔をして体にメスをいれる事がなくなってきたそうです。

手術の費用

gan_hoken_001_002
※画像:価格.com

高度療養制度」を利用した場合、10万円程度、月をまたがってしまった場合を想定した場合でも20万円程で可能となる事が分かると思います。但し、食費や差額ベット代などの「高度療養制度」対象外のものに関して考慮をすると30万円~50万円が必要だと分かります。

保険の加入前に知っておきたい「高額療養費制度」について
民間の保険に加入を検討している人は既に知っていると思います。逆に、民間の保険に加入を検討している人が「高額療養費制度」がどのような制...

また、手術による入院の費用も考えなくてはいけません。医療保険に加入しておければ、入院費も頂けますが、加入には1日の入院支払限度日数が存在するため長期入院をする場合は注意が必要です。

医療保険は終身医療で加入すると安く一生涯同じ保険料ですが、一生涯支払い続けると支払った金額より多く医療保険の保険料を支払うこととなる可能性があります。その内容はこちらです!

薬物療法(抗がん剤治療)

がんの細胞を増やす事を抑えたり、がんの細胞の成長を遅らせたり、再発を防いだりするため抗がん剤の治療を行います。手術や放射線はがんのある場所に照準を合わせて治療を行いますが、抗がん剤の治療に関しては全身を対象としています。

抗がん剤の治療は、抗がん剤のみの治療もありますが、手術後に抗がん剤の治療を行う場合もあります

薬物療法(抗がん剤治療)の費用

抗がん剤治療は、抗がん剤の治療を行う期間と、抗がん剤の治療を行わない期間の組み合わせを約4週間から6週間行います。抗がん剤治を行うと100万円を超える治療費が必要となる場合があります。

放射線治療

放射線をがんに対して照射することでがん細胞を破壊するという治療法です。放射線治療は手術と同様に局所治療ですが、異なることは機能や形態をそのまま温存した治療法であることです。放射線治療は一般に必要な量を数十回に分割し、数週間かけて照射します。

射線を浴びることそのものには痛みもなく、手術や抗がん剤に比べると、身体への負担や副作用は少ないと言えます。

放射線治療の費用

3cm程度の小さな病巣に対して行われることが多い定位放射線照射という方法で、60万円程度と されています。
定位放射線照射は公的保険の範囲に入っている治療法ですが、中には保険適用外のものもあります。

そうです。先進医療と呼ばれるものです。

◆関連記事・読んで損はしない!:最先端技術は高額?今日で【先進医療】のイメージ変わります

放射線治療のうち、「重粒子線治療」や「陽子線治療」などがそれにあたり、これらの費用は300万円程度にもなります。

一時金100万円の理由って・・・?

gan_hoken_001_003

いかがでしたでしょうか?
100万円で足りないケースは、手術後の抗がん剤治を行った場合、抗がん剤治のみを行った場合と色々なケースが当てはまると思いますが、100万円で保障が出来るかと言われれば答えはノーな訳です。

がんの内容にもよりますが、「高度療養制度」を利用しても100万円を超える可能性は十分にあります。

特にがん保険に関しては医療保険とは違って、治療を行う場合、貯蓄で対応できない場合が多いと思います。なので私、個人的にはがん保険は加入すべきものと考えていますが、100万円という一時金制度が存在する保険の商品には興味がありません。

最低限の保障(がんにかかる費用)が安い保険料でなければいけません。一時金200万円がもらえて保険料が2倍になってしまっては話になりません。

次回は、正しいがん保険の選択について説明したいと思います。

保険の無料相談を行うだけでマイレージ(マイル)を貯めよう!

保険の無料相談を行うだけで約1万マイレージ(マイル)分をもらう方法
飛行機に乗らず陸でマイレージ(マイル)を貯める人の事を「陸マイラー」と呼ばれています。 陸マイラーの中では、保険の相談はネット...