シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

wordpressを本格的にやるためにレンタルサーバーをエックスサーバーにした理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

wordpress_xserver001

毎日、このブログを見て頂いている人は知っているとは思いますが、私のブログは2015年12月7日から独自ドメインを取得し、無料のレンタルサーバーから卒業をしました。

実は、ブログを開設する時に1週間ほど悩んでいました。無料のレンタルサーバーを借りてwordpressでブログを書き続けるのか。それとも、有料のレンタルサーバーを借りて書き続けるのか。

悩んだ結果、無料のレンタルサーバーを借りてブログを更新していこうと決めた訳ですが、結果的に現在は独自ドメインの取得を行い有料にお引越しを完了しています。

そして、数あるレンタルサーバーの中からなぜ「エックスサーバー」に選んだのか。

今日は、私が無料のレンタルサーバーから有料のレンタルサーバー(エックスサーバー)を選んだ理由を書きたいと思います!!

無料のレンタルサーバーを卒業した理由

先程も書きましたが、無料から完全にお引越しした理由にはいくつかポイントがあります。

スポンサーリンク

スマホでのアクセス重視をした時にまとわりつく広告の存在

wordpress_xserver003

無料でレンタルサーバーを借りるとほとんどのサイトでは広告が勝手に挿入されてしまいます。もちろん、それを承知の上で無料のレンタルサーバーを借りていた訳です。

無料のレンタルサーバーによっては強制的に広告をたくさん表示させなければいけないものもあったりと、自分の広告を載せたい人には少し邪魔者になります。

ブログを毎日更新している私が「あー、スマホで見るとフッターの広告がほんと邪魔!」と思っていたので、このブログを見て頂いている人は毎日思っていたと思います(苦笑い)

また、ブログを書く人側(私ですね)にとっては、その広告が「google adsense」の場合、1つの記事に3つの広告しか出せない条件が存在するため、一つ減るととても大きなダメージな訳なのです。。。

画像とテキストが命のブログにとって1GBの容量では足りなかった

wordpress_xserver002

無料のレンタルサーバーを借りると、与えられる容量が有料と比べて少ないです。私が借りていた無料のレンタルサーバー「WPblog」ですが、ストレージ容量が1GBしかもらえません。

このブログに限らず、wordpressでブログを更新する人にとって、画像は必須です。無料で1GBもらえるので贅沢は言えませんが、11月の10日から本格的に書き始めて、約30程の記事などの容量を見ると150MB程を使用していました。

「30記事で150MB?300記事で終了してしまうね。」

せっかく書き続け300記事を達成して引っ越しとなると相当な労力がかかります。もちろん、やり方は色々とあり、ちゃんとやれば簡単だとは思いますが、wordpress、php初心者の私にとっては引っ越し作業はとても疲れます。

将来的の目標から考える

wordpress_xserver004

もしもです。もしもの話ですが、私のブログが奇跡でも起こして1ヵ月のアクセス数が数十万PVを叩き出すサイトにまで成長した場合、無料のレンタルサーバーでは負荷がかかるとサーバーが不安定になります。

せっかくの人気サイトに成長し、ブログを見に来ていただいた人に迷惑がかかるわけです。来客してきてくれた人が新規のお客様であったらなおさらですよね。重くて開かないサイトなど二度と訪問などしてくれないと思います。

お金を出すことによってやめられなくする!

wordpress_xserver005

無料で行うと「人が来てくれない!ならやる意味がない!やーめた!」と思った瞬間「閉鎖しよう!」と考えてしまいます。

お金を支払う事によって、閉鎖してしまうと支払ったお金が無駄になってしまうという自分へのプレッシャーをかけれるというメリットがあります。

昔、レンタルサーバーをお金で支払った事がありますが、3ヵ月契約で行っていました。しかし、今回は長期的に更新しようという決意をしたので1年間契約を行いました!

レンタルサーバーをエックスサーバーにした理由

wordpress_xserver007

数あるレンタルサーバーからなぜ「エックスサーバー」を選んだのか。世の中には有名なレンタルサーバーが数多くあります。エックスサーバーにはwordpressにぴったりな理由があるからです!

表示速度が速い!

wordpress_xserver008

ブログを見る人側にとってページの表示が遅いサイトだと「閉じませんか?」。私は閉じちゃいます。スマホで見る場合、例え暇つぶしであっても表示が遅いサイトだとイライラしてしまいます。

エックスサーバーはサーバースペックが最新の16コアCPU、大容量の96GBメモリを搭載しているため表示速度が速いです。

ブログを作る側から言いますと、ページの表示速度が速いと検索サイトgoogleさんは「うーん!快適でよいよい!このサイトは良質のサイトだね。合格!判子ドン!」と、評価をしてもらえるみたいです。

データ容量が多い!

wordpress_xserver009

この画像はエックスサーバーの各プランの機能内容です。私はプランでいうと「X10」で契約しています。一番安いプランではありますが、容量が200GBがあります。無料のレンタルサーバーで借りていた時の200倍あるという事です。これだけあると安心ですね。

200GBあると、、、「うーん、えーと、たくさん画像がブログで貼り付けられる」ということです。

MySQL(データーベース)が50個もある!

wordpress_xserver010

wordpressでブログを更新するにはMySQL(データベース)が必須となります。エックスサーバーでは50個までOKと書かれていますが、どういう意味?と思う人がいると思います。

例えば、このブログ「お金のあれこれ」のサイトをwordpressで作成する際に必要なMySQL(データベース)は1つ必要になります。という事は、50個ブログが作成できるという事です。

50個もブログを開設するのか?」と聞かれますと、私の場合は「しないね!」と答えますが、複数個あると、レンタルサーバーをまた別途で契約する必要がないため手間が省けます。

安全性を見る

wordpress_xserver011

まだ契約して1ヵ月も経っていないので体験はしていないのですが、色々なwordpressでエックスサーバーを導入しているサイト様によると、一度もサーバーがダウンした事はないそうです。

また、ハッカーなどによる攻撃などなく、99.99%のサーバー稼働率を実現しているということなのです。無料のレンタルサーバーを借りていた頃は、たまにサーバーがダウンしている時がありました。

全然、人が来ないレベルなので気にはしていませんでしたが、1日にたくさんの人が訪問してきてくれる場合、少しのダウンでもショックを受けるものだと思います。

バックアップをしてくれている

wordpress_xserver012

無料のレンタルサーバーの時、おそらく誤って記事を削除したことに気付かず、数日後に「あれ?あの記事がない!なんでーー!!」と叫んだ記憶があります。

1つの記事に2時間以上の時間を費やして書いているので誤操作による記事の削除の場合にもエックスサーバーではMySQLは過去14日分、サーバー領域のWeb・メールデータは過去7日分をバックアップし続けてくれるという機能があります。

wordpressをやるならレンタルサーバーは「エックスサーバー」

いかがでしたでしょうか?
無料のレンタルサーバーを借りるなら「エックスサーバー」をおすすめします!

◆エックスサーバー公式サイトはこちら