シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電力自由化で話題の新電力(PPS)ってそもそもなに?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 20

electricity_liberalization_001_001

2016年4月からはじまる電力自由化、普段の私たちの生活に何の変化を与えてくれるものなのでしょうか?

私たちが電気を使用するために電力会社と契約を結んでいると思います。電力会社とは「東京電力」や「九州電力」などの会社の事です。

今まで電気事業は独占されていました。他業種では独占については厳しいのに電気事業は独占が許されていたでしょうか。実は、電力会社は私たちに安定かつ安全に電気の供給を負うかわりに電気事業の独占を許可されていたわけです。

そのため、電気代が電力会社で異なっていても私たちは自分が住んでいる地域の電力会社と契約するしかありませんでした。

しかし、電力の自由化によって私たち消費者が色々な電力会社を比較し電力会社を選ぶ事が出来るようになります。

「新電力(PPS)」とは?

electricity_liberalization_001_002

規制緩和などにより電力会社の送電設備や電線を通じて電気の小売りをする事業者を「特定規模電気事業者(PPS)」といいます。これを通称:「新電力事業者」→「新電力」と呼んでいます。

つまり「新電力」とは従来の○○電力に代わって新しく電気を供給してくれる企業ということになります。現在新電力は650社を超え、商社や通信事業者、ガス会社など他業種からもたくさん参入してきています。

新電力の主な電力の調達方法は

  • 自社発電所で発電
  • 企業の余剰電力を買い取り
  • 電力会社から買い取り
  • 卸電力取引所で購入

となっています。

<現在>
electricity_liberalization002

<今後>
electricity_liberalization003

もっと簡単にイメージしやすく説明するならば、MVNO(仮想移動体通信事業者)と同じようなイメージでしょうか。

ドコモ等の回線を借りて携帯サービスを行う事業がありますよね。OCNモバイル、楽天モバイル、FREETELなどがMVNO(仮想移動体通信事業者)と言われています。電力会社も同じような仕組みになると言われています。

新電力事業者が低価格の料金を出すことによって、東京電力などの電気会社も電気料金が安くなったりするのではないかと思います。

電力の自由化によって電気の価格競争がうまれ私たちにとっては良いことではないかと思います。

スポンサーリンク

対象者は誰になるの?

もちろん私たち、一般家庭全てとなります!

2016年1月から契約が出来るそうです!
色々と情報を集めてお得かつ節約出来る契約を結ぶために勉強する必要がありますね。

えらそうに書いてますが、実は電力の自由化について知ったのはここ最近です。勉強しながら記事を書いています。

「新電力(PPS)」の関連記事

「新電力(PPS)」はお得なの?

「新電力(PPS)」に乗り換えてお得なの?
新しいことがはじまると色々と情報を得ることが必要になってきます。知識を得ることが出来たら実行するのに労力がかかります。 そして...

安定性はどうなの?

「新電力(PPS)」安定性はどうなの?
新規参入の電力会社が多くなるなか私達が不安となっている事の一つだと思います。「電気は停電する事なく送り続けてくれるのか?」安いかわり...

「新電力(PPS)」デメリット

「新電力(PPS)」デメリットを知っておかないといけません
「新電力(PPS)」について色々と知りました。現在、利用している電力会社と契約していると「電気代が高くなるから早く「新電力(PPS)...

初期費用はどれくらい?

「新電力(PPS)」に乗り換えると初期費用ってどのくらいになるの?
「新電力(PPS)」の魅力についてはよくわかったという人が次に疑問に思うことと言えば「初期費用はどれくらい?」だと思います。事務手数...

新規参入の新電力について知ろう!

「auでんき」開始します!

電力自由化で「auのでんき」はどれくらいお得になるか徹底調査してみた!
2016年1月20日から「auのでんき」の受付が開始されています! 最近、TVのニュースやインターネットのニュースサイトなどで...

「ソフトバンクでんき」開始します!

電気の自由化で「ソフトバンクでんき」はどれくらいお得になるのか徹底調査してみた!
2016年1月28日から受付が開始される「ソフトバンクのでんき」ですが、電力の自由化によって色々な業者が電気を売る事が可能となりまし...