シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年賀状はネット注文?それとも自分で作る?時間とコストを比較してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 20

new_years_card001

今年も残りはずかとなりました。12月となるとやらなければいけない事がたくさんあります。年賀状もその一つです。毎年、我が家ではネットで印刷をお願いしていました。

年賀状は、新年を祝う言葉をもってあいさつし、旧年中の厚誼の感謝と新しい年に変わらぬ厚情を依願する気持ちを送るという意味がありますが、年賀状作成には凄い労力を使うため毎年の作成作業は後回しになってしまいます。

しかし、今年はかなり行動が遅くなってしまいました。実は、まだ年賀状の作成を行っていないという事実。実はこの日記を書きながら妻が今年送る年賀状の枚数を数えています。

我が家では、私がパソコンを使う仕事を行っているので決まって作成作業は私がやります。毎年、年賀状の作成で喧嘩しながら完成する年賀状。年末が忙しいだけに年賀状の作成は本当に面倒くさい作業の一つでもあります。

そんな面倒くさい作業(あまり言ってしまうと年賀状をもらう人に失礼ですね)をお金を支払う事によって代行で印刷をしてくれているのが印刷業者です。

今年もいつもネットで注文しているいんさつどっとねっとでお願いをしようと思っているのですが、今年は自分でやってみようかなとも考えています。

今日は、年賀状を作成する場合、ネットで注文するのと自分で作成するのではどちらが安くなるのでしょうか。結果は見えているような気がしますが、検証してみたいと思います。

ネット注文 VS 自分

new_years_card002

ネットで年賀状を作成をしてもらう場合と、自分で年賀状を作成する場合ではどちらが安いでしょうか。と書きたいところですが、ネットで注文する方が高いです。

ネットで年賀状を作成した場合と、自分で年賀状を作成した場合の値段を比較した場合、どれ程の差があるのでしょうか。例えば1,000円ならネットで行った方が良いと思いませんか?

値段だけではありません、作成作業の時間も比較の対象ではないかと思います。自分で作成した場合、表と裏の印刷作業があります。ネットで注文すると表と裏は頼むだけ(宛名印刷は無料と有料がありますが。。。)でOKですよね。

作業時間に数時間~数日の差があるのであれば時間がかからない方を選択したいです。忙しい時、作業が雑になる私なので時間がかからないネット注文を選択するポイントの一つでもあると思います。

それでは、比較してみましょう。

スポンサーリンク

ネット注文の値段と作業時間

new_years_card003

インターネットで注文する業者たくさんあります。私の妻曰く”安い業者はデザインが不満”らしいです。ある程度の料金を支払う業者だとデザインも豊富だとのこと。

分かりませんが、デザインも外注に支払っているのであれば、業者はデザイン料の料金も徴収する必要がありますね。料金に差がある理由もその一つなのではないでしょうか。

いんさつどっとねっとで注文した場合

new_years_card004

★料金について★

価格は、50枚で印刷をお願いした場合です。別途はがき代がかかります。
new_years_card006

詳細な内容はこちら
new_years_card005

★作業時間について★
作業時間は宛名とデザインの選択、写真の場合は写真の配置で3時間もあれば可能だと思います。タイピングの速度や枚数にもよりますが、毎年、私は3時間ほどで完了しています。

★3年連続いんさつどっとねっとで注文した私の感想★
記事の最初にも書きましたが、我が家ではここ3年間いんさつどっとねっとで年賀状の作成をお願いしています。

動画での説明があるので初めての人でも安心して年賀状の作成依頼が可能です。

我が家では節約のために宛名の依頼は行っていません。50枚の場合、別途料金として2,400円+税がかかります。宛名の印刷はPCの購入時にインストールされていた年賀状ソフトで印刷を行っています。



自分で作成した場合の値段と作業時間

new_years_card007

★料金について★
自分で年賀状を作成した場合、どれだけの費用がかかるのでしょうか。

まずは、年賀はがきですが、これは52円ですね。

次にインク代です。自分で年賀状を作成する場合、コストがかかるのがインク代ですよね。実はインク代を節約する方法があるのです。標準のインクではなく、互換性のあるインクを購入すると安いです。

購入は楽天などで購入が可能です。例えば、以下のように低価格で売っている互換性のあるインクが売られています。

【メール便送料無料!】【購入上限数なし】EP社 Canon brother HP 互換インク IC70L IC69 IC65 IC62 IC50 IC46 IC32 BCI-350XL BCI-351XL BCI-325 BCI-326 BCI-320 BCI-321 BCI-9 BCI-7e LC117/LC115 LC111 LC110 LC12 LC11/LC16染料インク

価格:100円
(2015/12/19 03:30時点)
感想(5561件)

純正のプリンタのインクはもちろん良いとは思いますが、互換性のあるインクでも綺麗に印刷が可能です。我が家では純正のインクを購入するのはやめました。印刷は全て互換性のあるインクを使用しています。

互換性のあるインクを使用する事によってインク代の大幅なコストダウンになります。純正のインクだと2千円から3千円かかります。年賀状の枚数にもよりますが、1本丸ごとインクを使ってしまう場合もありますよね。

もちろん、互換性なのでいきなり年賀はがきに印刷することはせず、昔の年賀状やインクジェット用の紙でテスト印刷する方が良いと思います。ある程度、印刷が綺麗になりましたら年賀はがきで印刷することをおすすめします!

次に必要となるのが、デザイン部分ですよね。これは毎年、本屋で売られているこれの購入を検討する必要があります。

世界一かんたん定番年賀状 2016 [ 年賀状素材集編集部 ]

価格:429円
(2015/12/19 03:40時点)
感想(61件)

筆王でつくるかんたん年賀状 2016 [ 年賀状素材集編集部 ]

価格:950円
(2015/12/19 03:40時点)
感想(6件)

KADOKAWA年賀状DVD 2016 [ 年賀状素材集編集部 ]

価格:999円
(2015/12/19 03:41時点)
感想(0件)

50枚印刷をした時に必要となる費用は以下の通り!

  • 年賀はがき
  • インク

全て合算しても3,000円~4,000円程度ではないでしょうか。

★作業時間について★
作業時間についてですが、宛名の部分に関してはネットで注文した時と同じ時間、3時間が必要になると思います。次に裏面のデザインですが、時間は本の購入とデザイン、写真の決定、印刷でかかっても2時間程度ではないかと思います。

合計の作業時間5時間程度位でしょうか?

検証結果

new_years_card008

いかがでしたでしょうか?

ネットで注文した場合と、自分で作成した場合では2倍程違います(ネットの注文サイトにもよる)。作業時間もほとんど変わりはありません。お金を取るか時間を取るかですね。

今回、我が家では妻と相談した結果、自分で作成してみようとなりました。明日、まずはインクを購入する所から開始したいと思います。

その他の年賀状を作成してもらえる業者

◆年賀家族◆



◆『Rakpo』豊富なデザイン!激安、簡単年賀状◆