シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

wordpressでブログを書くメリット・デメリット!ameba、FC2、livedoorブログではなく独自ドメインを取得した理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 20

own_domain001

前回の記事でレンタルサーバーを「エックスサーバー」にした理由を書きました。

wordpressを本格的にやるためにレンタルサーバーをエックスサーバーにした理由
毎日、このブログを見て頂いている人は知っているとは思いますが、私のブログは2015年12月7日から独自ドメインを取得し、無料のレンタ...

無料から有料のレンタルサーバーへ変更した事によって私が抱えていた不安が一気に解消されました。

エックスサーバー」に変更した理由の一つとしてキャンペーンで「独自ドメイン取得が無料」だったのが選択の一つでした。

と言っても、無料のレンタルサーバーから有料のレンタルサーバーに変える時に独自ドメインの取得は考えていました。

ただ、前回のブログを見ている人の中で、以下のような疑問点が発生するかもしれません。

  • 独自ドメインの取得にしなくても、有名なブログ、ameba、FC2、Livedoorブログがあるのではないか。
  • 独自ドメインでは、管理を自分一人でやらなければいけないが、ameba、FC2、Livedoorブログではある程度の管理は行ってくれるではないか

実際、現在、amebaブログを開設しています。amebaからここに来て頂いた人もいると思います。そして、Livedoor、FC2でも昔はブログを書いていました。

そんな私が、お金を支払ってまで独自ドメインを取得し、wordpressでブログを書き続ける事を決意したのかを書きたいと思います。

独自ドメインとは?

own_domain002

独自ドメインについて知っている人はつまらないと思いますが、独自ドメインについて説明したいと思います。独自ドメインとは簡単に例えるならば「住所」のようなものだと思って頂けると良いかなと思います。

私が取得した住所(アドレス)を見てみましょう。

http://money30life.com/

http://の後のmoney30life.comがドメインになります。

money30lifeの部分はドメイン取得者が決める事が出来ます。但し、英字(a~z)、数字(0~9)、ハイフン( – )で63文字以内という制限と、世界で重複していない事が条件です。

個人で取得できる末尾のドメインは以下のようなものがあります。

.com .net .info .org .biz .mobi .asia .jp

会社や組織に限定されているのが下記のドメインです。.co.jpは会社組織、.ac.jpは教育機関などと決まりがあります。

.co.jp .ne.jp .or.jp .ne.jp .gr.jp .ac.jp

そうなんです。http://money30life.comは世界に一つしかないドメインとなっております。

例えば、AAAというドメインが取得したいなら、AAA.com、AAA.net、AAA.jpなどどれにするか選択できます。末尾のドメインも自分の好きなものから選びます。

なので、あるかは調べてはいませんが、http://money30life.jp/というサイトが存在するかもしれませんし、これから誕生するかもしれません。

独自ドメインと無料ドメインの違い

own_domain004

有料ドメインについて説明は先ほどしました。次に無料ドメインとの違いについて説明したいと思います。

ブログといえば有名人が書いていると言われているamebaブログ。無料で誰でもすぐにブログをはじめられとても人気のブログサイトですよね。amebaブログの登録を済ませブログを開設した場合のあなたのドメインを見てみましょう。

http://ameblo.jp/XXXXXXXX/

となると思います。XXXXXXXXの部分は登録した人が決める部分です。例えば、XXXXXXXXの部分をmoney30lifeとした場合、amebaブログのアドレスは、、、

http://ameblo.jp/money30life/

となります。

アドレスを比較してみると分かると思います。

◆有料ドメイン◆
http://money30life.com

◆無料ドメイン◆
http://ameblo.jp/money30life/

独自ドメインと無料ドメインメリットとデメリット

まずは無料ドメインのメリットとデメリットを見ていきましょう!

スポンサーリンク

無料ドメインのメリット

初期費用・維持費用がかからない

私も最初は無料のレンタルサーバーを借りていました。

無料ではじめる理由はもちろん「全てが無料」だからではないでしょうか。知識がなく、いきなり有料からはじめるとリスクが高いです。

実際、私もwordpressでのブログの書き方が理解できるか。wordpressはphpとhtmlというプログラム(他にもありますが)でwordpressでブログ書く事が出来るのか。不安で無料からはじめようと決めました。

やり始めるとwordpressにはたくさんのプラグインが存在しており、プログラムの開発を行っていない人でもwordpressを簡単に始められるようになっていました。

私はそれを知り、wordpressを書き始め、ある程度、コツが掴んだところで有料へ移転しようと考えていました。

ポータルサイトからの流入が期待できる

例えば、amebaブログだと読者を集める事によってブログを更新すると読者から更新したブログを見て頂ける確率があがります。アクセス数を伸ばすにはポータルサイトの力は強いと思います。

はてなブログだと、はてなブログを書いて3人以上?のブックマークをもらうと新着エントリーに表示されます。これは、はてなブログのトップページに表示される仕組みです。

トップページは常に更新されるので、自分のブログが永久的にトップページに表示されるわけではありませんが、一時的でもトップページに表示される場合、アクセス数は違うと検証結果が色々なサイトで証明されています。

無料ドメインのデメリット

広告の表示

無料ドメインでブログを書く人にとっての最大のデメリットでもあるのが”広告”です。おそらく全ての人が思っているデメリットでもあります。

これを解決する方法は、表示される広告の数が少ないところ。広告の場所が邪魔にならないところ。広告のイメージが大きくないところの場所を探すしかないと思います。

無料で提供されているので広告の表示は避けて通れないと思います。ただ、私が借りていた無料のレンタルサーバー「WPblog」はPCでは広告がありません。スマホだと広告のフッタ部分につきまとう広告が表示されます。

それでも、数ある無料の中でも良いのではないでしょうか?

閉鎖の恐怖

無料で借りているわけですから、強制的にサイトが閉鎖される運命がいつか待っていると思いながら無料で運営を行っていく必要があります。

有名人がかなり書いているamebaブログもあるか分かりませんが、業績が悪くなり赤字が続き、経営を続けることが出来なくなり閉鎖をする可能性もあると思います。

無料のレンタルサーバーを借りる時に考慮すべきところは閉鎖の可能性が低い場所を選ぶ事が重要だと思います。

アカウント削除の可能性

amebaブログで設定されている規約を違反した場合、アカウントが削除される可能性があると思います。そうなるとブログを更新続ける事が出来なくなります。

停止から再開までの時間、ブログが書けなくなってしまいます。私は毎日一つ記事を書く事を目標としているので、アカウントが停止された場合、かなりのショックを受けてしまいます。

googleさんの仕組み!1ページに同じドメインの記事が表示されにくい?

実は私が一番デメリットと感じるデメリットはこれだと思います。googleさんの検索結果の1ページ目に表示されると、自分のサイトに訪問してくれる可能性が大となります。

アクセスアップを目指すブロガーのほとんどの人たちは、検索結果の1ページに表示されるため色々と試行錯誤(SEO対策については後日書こうかなと思います)を行います。

実際に、自分があるキーワードで検索を行う場合、1ページ目または2ページ目の検索結果のサイトを見てはいないでしょうか。実際にもデータとして1ページ目、2ページ目の検索結果に表示されることがアクセス数アップにつながると出ています。

その中で、同じドメインの場合、同一ページ内に同じドメインの記事が表示されない仕組みとなっているそうです。

例えば、amebaブログで「お金」についてブログを書いている人がいて、その中でも常に検索結果1ページ目に表示されるブロガーがいるとします。

そして、私がamebaブログで同じようなキーワードのブログの内容を書いた場合、1ページ目に表示される可能性が低いということなのです。いくら頑張っても同じドメインでは強いライバルには勝つ事が難しいと言われています。

想像してみてください。「お金」とgoogleで検索して、検索結果全てがamebaブログが出てくることを。。。

もし、ameba、FC2、Livedoorのような有名なサイトでブログを書いて検索結果1ページ目を狙っている人がいるようであれば、大変な修行をすることになると思います。

独自ドメインのメリット

記事の最初にドメインは住所(アドレス)と言いました。実は、住所(アドレス)だけではダメなのです。

wordpressでブログを更新、または、ホームページの開発をするのには、独自ドメインと有料のレンタルサーバーを契約する必要があります。

ドメインが住所であるならば、サーバーは土地と考えて良いと思います。前回の記事にも書きましたが、私はサーバーを「エックスサーバー」にしました。

ameba、FC2、Livedoorなどはドメインとサーバーを意識せずブログを開始できますが、独自ドメインを取得した場合、サーバーも用意しなければいけません。

おすすめのサーバーはもちろん「エックスサーバー」です。wordpressでブログを行うなら「エックスサーバー」を選ぶ事をおすすめします。

その理由は記事の最初に書いていますが、再度、出しておきます。

wordpressを本格的にやるためにレンタルサーバーをエックスサーバーにした理由
毎日、このブログを見て頂いている人は知っているとは思いますが、私のブログは2015年12月7日から独自ドメインを取得し、無料のレンタ...

また、その他にも安い料金で借りれるレンタルサーバーがありますが、それについては後日書きたいと思います。

さて、少し話はそれましたが独自ドメインのメリットはたくさんあります。

広告表示がない

無料の場合、邪魔な広告を表示させるしかなかった広告が消えてなくなり、自分の広告を好きな場所に貼れるのです。私のブログもgoogleの広告を定位置に貼っています。

googleの広告には種類があり、広告ユニットリンクユニットがあります。それぞれ3つまで貼る事ができます。検索向けAdSenseは2つまで貼る事ができます。

全て活用する場合、最大で「広告ユニット×3」「リンクユニット×3」「検索向けAdSense×2」の計8つのAdSense広告を貼る事ができるという事になります。

もし、無料のドメインを利用し、広告が強制的に貼られている場合、自分が貼れる広告が減ってしまいます。これは大きなダメージにもなります。(※もし、私のブログで上記の数を超えるような事があれば教えて下さい。お願いします。一応、ないようにしております。。。)

サイトがなくなることはない

無料ドメインのデメリットで書いた”閉鎖”の恐怖はありません。独自ドメインは契約が続く限り存在します。同時にアカウントの停止もありません。利用し続ける限り存在します。

お引越しが簡単に出来る

例えば、今回、私が契約した「エックスサーバー」でサーバーを契約すると、以下のドメインがもらえます。

http://XXXXXXXX.xsrv.jp

X印が任意の文字です。サーバーでもwordpressでブログの更新やホームページの開設は行えますが、独自ドメインを取得するとサーバーを乗り換えた場合、アドレスを変更しなくてよくなります。

例えば、「エックスサーバー」から、安さで好評のある「ロリポップ!」にサーバーを乗り換えた場合、以下のようにアドレスが変更されます。

◆エックスサーバー◆

" class="blog-card-thumbnail-link" target="_blank" rel="nofollow">
xsrv.jp

◆ロリポップ◆
http://XXXXXXXX.pupu.jp
pupuの部分は「ロリポップ!」では色々あります。

アドレスが変更している事が分かります。これは、色々と面倒な作業があります。

では、独自ドメインを取得した場合はどうなるのでしょうか。独自ドメインを取得した場合は以下の通りとなります。私の独自ドメインでやってみましょう!

◆エックスサーバー◆

30歳。サラリーマンがお小遣い以外でお金貯めたり節約したり!2016年からはあらゆるポイントをマイルに!

◆ロリポップ◆

30歳。サラリーマンがお小遣い以外でお金貯めたり節約したり!2016年からはあらゆるポイントをマイルに!

そうなんです!アドレスは変わりません。独自ドメインを取得した場合はアドレスの変更は必要ないのがメリットの一つなんです。これによって、毎日、ブログを見て頂いている人にも迷惑がかかりません。影でサーバーが変わっているなど見る側には分からないのです。

検索サイト上位に表示される可能性

無料のドメインのデメリットで話した、「googleさんの仕組み!1ページに同じドメインの記事が表示されにくい?」が独自ドメインでは世界に一つなのでライバルがいません。

そのため、独自ドメインを取得すると検索サイトで1ページ目に表示される可能性が高い訳です。たくさんの人に自分のブログやホームページを見て欲しい人は独自ドメインを取得する事をおすすめします。

独自ドメインのデメリット

運営に維持費がかかる

独自ドメインを取得する場合、取得にお金がかかります。ドメインを取得するなら有名なサイトがあります。よく色々なサイトの広告で見かけるお名前.comです!

よく見かけるバナーはこちら↓


私の場合、「エックスサーバー」が独自ドメインの取得無料キャンペーンだったので無料で取得が出来ました。

◆wordpress最高のレンタルサーバー


中古ドメインが最悪だった場合

実は、ドメインは過去に使用されている場合があります。ドメインは住所と記事の最初に言いましたが、住所だとしたら前に住んでいる人もいるわけです。ドメインも同じで昔住んでいた人がいた場合があります。

そのドメインがgoogle的に好まない趣味のホームページだったりブログだったりすると検索結果が下位にされてしまいます。

「えっ、再度、取得したのに昔の人の影響があるの?」

そう思う人がいると思いますが、実は影響するそうです。あるブログでは取得したドメインがgoogle的に好ましくないため警告(だったかな?)のお知らせが来たそうです。

ちなみに、私が取得した時点でhttp://money30life.com/は過去に存在したドメインかを調べてみました。調べた結果・・・”過去に使用はされていないドメインでした!”少し安心。

調べる方法があります。

own_domain005
こちらのサイトにアクセスを行います。

SEOチェキで対象となるURLを検索窓に入力し「チェック」。出てきた画面の下部にある【さらに調べる】内の”Internet Archive Way back Machine”をクリックすればすぐに過去のキャッシュデータが確認できます。

own_domain006

ちなみに、調査したドメインが過去に使われていた場合、このように表示されるそうです。(私は使われていなかったので出ませんでしたが。)
own_domain007

この画像を見ると2010年から2012年まで使われていた中古物件だったという事が分かります。中古物件が悪いとはいいません。もしかすると、何年間も素敵なサイトを作り上げたものかもしれません。あたりをひくと逆に素晴らしいアクセスがプレゼントされることもあるそうです。

変な中古物件を取得しないように気を付ける必要があります。

サイトを運営するなら独自ドメインを取得しよう!

いかがでしたでしょうか?

ブログやホームページを更新する場合、憧れる独自ドメイン。維持費はかかりますが1年で数千円からはじめれるものもあります。wordpressを本格的にはじめたいけど有料か無料かで迷っている人は是非、独自ドメインを取得することをおすすめします。