シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3歳未満の就寝時間は10時間以上必要?分かってはいるけど実現は難しい共働き世帯。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

baby_sleep001

子どもを成長させるには睡眠が重要だと言われています。

我が家では、私は土日・祝日が基本的に休みなのですが、妻は私と違い、週末が休みとなる日があまりなく、しかも、仕事が終わるのが7時~8時までと遅い日があり、そこから夕食、お風呂、就寝となります。

もちろん、妻の仕事が8時に終わる時は、妻を迎えに行き、家に到着、そして夕食を作ると既に8時30分を超えてしまいます。そして、ご飯を食べ終わると9時。そこからお風呂に入り終わると9時30分。

就寝するのがどうしても10時くらいになってしまいます。子どもは「パパとママと遊びたい」と思うので中々寝てくれません。

子どもが寝てしまう時間が22時30分となってしまいます。

特に週末になると、妻が仕事の場合、私と息子で私の実家に遊びに行く事が多いのですが、2歳を過ぎてからお昼寝もしなくなってきました。

1歳から2歳まではお昼寝が3時間を越える時があり、逆に夜になると中々寝なくて困っていたのですが、今では逆に睡眠不足になっていないかとても心配です。

今日は子どもの睡眠について少し調べて見ました。

子どもにとって睡眠は大事!

baby_sleep002

子どもに睡眠は十分に取らせてあげたい。

そう思う親はたくさんいるはずです。しかし、我が家でも子どもに十分な睡眠を取らせてあげれていないと実感しています。我が家のように親の仕事上の都合で就寝時間が遅くなる。そんな家計も多いと思います。

グラフは「共働き等世帯数の推移」です。共働きが多いという事が図でも分かります。

baby_sleep003

年代別の必要な睡眠時間はどれくらいでしょうか。

  • 新生児(1ヶ月から2ヶ月):10時間~18時間
  • 乳児(3ヶ月から11ヶ月):10時間~13時間+お昼寝
  • 幼児期 (1~3歳):12時間~14時間
  • 4歳~6歳:10時間~13時間
  • 6歳~12歳:10時間~11時間
  • 13歳~18歳:8.5時間~9.5時間
  • 成人:7時間~9時間
  • 高齢者:7時間~9時間

年齢・年代別の必要睡眠時間の目安

我が家の息子は2歳なので12時間~14時間の睡眠が必要となっていますが、夜の10時に寝て朝の7時半頃に起きるとなると、9時間半となるので全然足りませんね。

朝の7時半に起きるとなると、夜の7時半に寝る必要があるってこと?それはさすがに共働き世帯でなくても難しいような気がしますが・・・。

スポンサーリンク

睡眠不足による影響は?

子どもが十分な睡眠をとれないとダメというのは何となく分かります。しかし、どのような影響があるのか私は分かっていませんでした。

子どもが睡眠を行うと「成長ホルモン」が分泌されます。

睡眠時間が少なくなると成長ホルモンの分泌も少なくなります。13時間寝る子と9時間半しか寝ない子の差は3時間半。たかが3時間半でも4日程で1日分の成長ホルモンの分泌の差が出ている事になります。

よく昔から「寝る子は育つ」と言われていますよね。私も、親から「寝ないと大きくならないよ」と言われた気がします。子どもを早く寝かせたい。そんな理由だけじゃないって事ですね。

睡眠不足となると実際にどのような影響が発生するのでしょうか。

  • 成長の遅れ
  • 食欲不振
  • 注意や集中力の低下
  • 眠気
  • 易疲労感
  • 将来の肥満の危険因子

厚生労働省

睡眠不足は基本的に悪い事ばかりとなっていますね。調べれば調べる程、子ども睡眠を奪っている事に反省しています。幼稚園からたまに先生から連絡ノートに子どもの成長について書かれる事があります。

もちろん、親としての教育などが不足していたかもしれませんが、睡眠による成長の遅れも発生していたのでしょうか。ただ、ただ、親として大反省です。

子どもが睡眠不足と思うケースとは?

子どもが睡眠不足だと分かるサインがあります。以下のサインが子どもから見られた場合は睡眠不足だと思い、子どもを就寝させるために努力が必要だという事です。

  • 朝なかなか起きることができない
  • (小さい子の場合)いつもは機嫌よく遊んでいる時間帯に機嫌が悪い、またはママから離れられない
  • (小さい子の場合)やたら奇声を挙げる
  • 集中力がない
  • 休みの日に朝起きるのが遅い
  • 落ち着きがない
  • 反抗的な態度
  • 学校の勉強についていけない

Mmamamoko

十分な睡眠を取らせる!

baby_sleep004

子どもの成長には睡眠は大切ですよね。

我が家は共働きかつ妻が遅くまで仕事をしている事から、夜早く寝かせる事は現実的に難しいのが現状ですが、お互いが休みの日、または私と妻が早く仕事を終えて帰れた日には子どもに十分な睡眠を取らせてあげたいなと思いました。

また、最近、お昼寝をしない事が多くなっていたのですが、子どもが睡眠を取らせれるような雰囲気作りを親が作ってあげないといけないという事も調べていて分かりました。

子どもの成長は親にとって凄い幸せを感じる瞬間です。その幸せな瞬間を親がつぶしてしまってはいけません。1分でも成長ホルモンの妨げにならないよう頑張らないといけませんね!

それでは!