シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰でも分かる!FXを行う時によく出てくる「1lot」って何それ?今日でその謎が解決します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 21

dmm_fx_1lot_001

今日は、FXの取引きを行う時によく出てくる「1lot」について解説したいと思います。

なぜ、「1lot」について書くのかと言いますと、1lotについて説明されているページがないのです。

それなのに、FXを取り扱う会社はキャンペーン実施中として「1lot分の取引きで○○万円プレゼント」などをやっています。

検索してもイマイチよく分からない。自分がそう思ったので、書いてみようかなと。そういう単純な理由なのです。

今日の記事を見る事によって、「FXに挑戦してみたいけどよく分からない。」そんな人が「よし!私もFXに挑戦してみよう!」と思えるようになって頂けたら良いなと思います。

FXの取引きによく使われる「1lot」って何?

dmm_fx_1lot_002

「1lot」と言われてもFXを知らない人にはただの暗号にしか見えませんよね。分かりやすく解説していきたいと思います。

FXをやろうと思ってもすぐには出来ません。FXの取引きを行う為に口座の開設が必要となります。以下の会社が有名です。

もちろん、上記以外にも口座を開設するには色々な会社が存在します。今回は、どの会社で口座を開設すれば良いのかは別の機会に書く事とします。

話を戻しますが、ほとんどの会社が1lotを1万通貨として扱っています。1万通貨と言われても「?」だと思います。

1万通貨 = 約113万円(2016年3月26日現在)

現在のレートは1ドル113円をいったりきたりしているので、約113円としています。1万通貨だと113万円となるのです。

「私、100万円以上のお金なんてないよ?」

そう思うのが普通だと思います。私も最初は、「えっ、FXってお金持ちじゃないと出来ないじゃん。」そう思っていました。ただ、本当はそこまでお金は必要ありません。

スポンサーリンク

FXっていくらあれば取引が行えるの?1lot分の取引きに必要なお金って?

先程も、書きましたが、「1lot=1万通貨=100万円を超える金額」と説明しましたが、実際は100万円以上の入金は必要ありません。実は、FXでは最低5万円~を入金すると取引が出来ます。

FXの世界には「レバレッジ」というものが存在します。

また分からない単語が出てきました。1lotの意味も中途半端にしか説明していないのですが、「レバレッジ」を知らないと、1lotの意味も理解できないのであわせて知っておきましょう。

FXで取引を行う為に知っておかなければいけない「レバレッジ」とは?

「レバレッジ」とは、少ない金額で数倍から取引きを行う事を言います。この数倍の金額で取引を行う事を「レバレッジ」と言っています。

10万円を入金して、5倍のレバレッジで取引を行った場合、50万円、10倍の場合、100万円として取引を行う事が出来ます。

なぜ、少ない金額を入金しただけで、100万円のお金を動かす事が出来るのかというと、取引で出た差額分だけを決済する、差益決済で取引を行うため実現が可能になっています。

例えば、1ドル100円を1万ドル購入したとします。1万ドルを購入したと言っていますが、実際には100万円を支払っているのではありません。

購入後、1ドルが101円になったとします。そして、売却を行います。1万ドルを購入したので1円あがると1万円の利益となります。

この時、実際には101万円を売却するのではなく、買った時より上がった1円分のみの利益、1万円を受け取る事になります。これが、差益決済と言います。

FXで有名な会社「DMM.FX」を見てみましょう!

「DMM.FX」では、レバレッジが25倍に設定されています。25倍の場合、口座に入金しなくてはいけない金額は、以下の図の通り約40,000円になります。

dmm_fx_1lot_003

上記の通り、1ドル100円を1万ドルをレバレッジ25倍で取引する為には、最低4万円が必要となります。

FXで取引を行う為に知っておかなければいけない「証拠金」とは?

レバレッジ25倍で1万通貨の取引きを行う為に必要な金額は4万円と言いましたが、実は、4万円ではダメなのです。

FXでは、お金を担保として、取引会社に預けて取引を行っています。預けたお金(担保)を証拠金といいます。

上記の例の場合、4万円=必要証拠金となります。

FXの世界では、取引をする人を守る為、ある一定上の損失が発生してしまった場合、強制的に売却(ロストカット)してしまうルールが存在します。

ロストカットのルールが存在する事によって、証拠金内で取引を行えるようになっています。(場合によっては証拠金以上の損失が発生する場合もあるので取引を行う時は注意が必要です。)

「DMM.FX」では、以下のように必要な証拠金がない場合、ロストカットが発生してしまいます。

  • DMM FXでは毎営業日マーケットクローズ後の証拠金維持率判定において、証拠金維持率が100%を下回っていた場合には追加証拠金が発生します。追加証拠金が発生した場合には、発生したメンテナンス明けの営業日のAM4:59までに追加証拠金額以上の入金もしくはポジション決済による追加証拠金額の解消が必要となります。
    解消期限までに追加証拠金額の解消がされない場合は、保有しているポジションを「マージンカット(強制決済)」します。
  • 当社ではお客様の損失の拡大を防ぐため、証拠金維持率が50%を割り込むと、ロスカットルールが発動し、未約定の注文を取り消し、すべての未決済ポジションをお客様に事前に通知することなく、決済(ロスカット)します。

一つ目の「マージンカット」は、証拠金が100%を下回る場合、今でいうと4万円を下回った時を言います。

4万円を下回った場合、「お客様、4万円を下回っています。お金を入金して頂けない場合、こちらで売却をさせて頂きます。ご了承ください。」と案内してくれます。

二つ目の「ロストカット」は、証拠金が50%を割り込む場合、今でいうと2万円に満たない場合の事を言います。

証拠金が1万9千円になってしまった場合、「お客様、証拠金が50%を割り込んでしまいましたので強制的に売却させて頂きました。」と事後報告となってしまいます。

上記のように証拠金ギリギリでは証拠金は足りません。多少、多く入金しておく必要があるという事です。

明日からあなたもFXデビュー!

dmm_fx_1lot_004

いかがでしたでしょうか?

1lot=1万通貨と記事の最初に書きましたが、取引会社によって異なります。実は、SBI FXトレードだと1通貨で取引が可能なのです。

dmm_fx_1lot_005取引会社によって違いますが、1lot、通貨単位を知れば、以下のようなキャンペーンの場合でも「あっ、はいはい。なるほどね。」とキャンペーンの内容を理解する事が出来ると思います。

「初回入金5万円、1lot取引にて○○円キャッシュバック!」

上記の場合、1ドル100円の場合、1lot(1万通貨)、レバレッジ25倍だと4万円の証拠金が必要になる。という事ですよね。100円で1lot買いで購入した場合、利益は以下の通りとなります。(売りの場合は+と-が逆)

  • 105円:+5万円
  • 104円:+4万円
  • 103円:+3万円
  • 102円:+2万円
  • 101円:+1万円
  • 100円:+-0円
  • 99円:-1万円
  • 98円:-2万円
  • 97円:-3万円

上記のような結果となります。理解すると簡単ですよね!

初心者の人は、レバレッジを低くしてチャートなどを勉強して、ある程度、利益が出てきた所でレバレッジをあげていくと良いと思います。



それでは!