シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

wordpressで激戦区キーワードで検索結果上位にならなくても読まれる記事にする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 20

battleground_state_keyword_001

wordpressでブログを書いている人にとって、検索結果上位にならないと訪問者がいないため色々な対策(SEO対策)を行い上位表示に努力をしていると思います。

例えば、楽天市場でスマートフォンのカバーを安くお得に購入したい場合、「楽天 スマートフォン カバー」と検索キーワードを追加して検索を行うと思います。楽天というキーワードでスマートフォンのカバーを探す人はさすがにあまりいないでしょう。

上記の私の考えから、楽天の記事を書いて「楽天」というキーワードで自分のブログまたはホームページに辿り着いてもらおうと努力するのは私的にはそれ程、重要だとは思ってはいません。

私も、マイル(マイレージ)の魅力を感じて、マイル(マイレージ)の記事を書いていますが、激戦区の為か私の記事は上位表示(2ページ以内)に表示される事はなかなかありません。

開設3カ月!激戦区の検索キーワードで検索上位になるためには?
開設3ヵ月経過しました。 記事も今日の日記で139回目の記事になります。1日1記事は書く事を目標にしているのですが、何とか目標はクリア...

でも、何時間もかけて書いたブログ。せっかくだから誰かに読んでもらいたいですよね。私もそう思います。「どのようにすれば、読んで欲しい記事を見てもらえるか。」仕事をしながらも常に考えていました。

その時、私が「こうすれば!」と思い記事の書き方を少し変えてみました。そうすると、全く読まれていなかった記事が少しずつ読まれるようになったのです。

今日は、検索結果の上位表示が出来ない激戦区のキーワードでの記事を書いた時、少しでも多くの人に記事を読んでもらえる方法を書いてみたいと思います。

激戦区キーワードで検索結果上位にならなくても読まれる記事にする方法とは?

battleground_state_keyword_002

それでは、実際にブログを書く方法を少し変えた方法を書いていきたいと思います。

皆さんブログを書く時ってどのように書いていますか?1記事に全ての力を込めて徹底的に書いていませんか?

私は、そのような書き方をしていません。書き方を少し変えてみましょう。私が色々と試行錯誤した結果、成果が出たやり方をポイントで説明していきたいと思います。

  1. SNSサイト(特にFacebook)でアクセスを稼ぐ事をやめる
  2. 自分のブログで一番見てくれている記事は何かを分析・解析する
  3. 記事は全力で書かない。6割、7割程度。そして、分析、解析したブログと関連する記事を作り、読んで欲しい記事に導く
スポンサーリンク

SNSサイト(特にFacebook)でアクセスを稼ぐ事をやめる

最初、記事を書いた場合、「どうしてもアクセス数が欲しい。」その為、Facebookで記事をシェアする人が多いと思います。確かに、最初は記事を書いても誰も見てくれる人はいません。

目に見える数字がないと書く元気が出ませんよね。私も最初はそうでした。実は、そのアクセス数って自分からシェアすると稼げるアクセス数であって、検索サイトからの正確な情報源ではないのです。

宣伝するとアクセスが稼げる。でも、宣伝しないとアクセスは増えない。例え宣伝しても見てくれるのはあなたのお友達のみ。ただ、Facebookでは、いいねやシェアすると色々な人に見てもらえる事がありますが、個人的にはそのようなものでアクセス数を稼ぐのは好きではありません。

あまりシェアし過ぎると「あー、またブログ書いての宣伝ね」ってなってしまいいつかは見てくれなくなります。宣伝したい場合は”たまーに”が良いかもしれません。

最初はアクセス数を稼ぐ目的で宣伝していますが、記事を書いていくとシェアする事すらしなくなります。結果的に、記事の質さえ良いものを書いていけばアクセスは次第にあがっていくのですから・・・。

第三者がシェアしてもらえるというのは別の話

ただ、私の知らない人が、記事をシェアしてくれてアクセスを増えるのはOKだと思います。

記事をシェアしたいという事は「この情報はとても良い情報。みんなに知ってほしい。」ということ。SNSでシェアするって事はシェアする人は「俺はこんな記事を見つけたんだ。凄いだろ?」と自慢しているのです。

第三者が「いいね」などを押してもらえるような記事を書くように意識する事はとても大切だとは思います。

自分のブログで一番見てくれている記事は何かを分析・解析する

wordpressでブログを書く人のほとんどは「Googleアナリティクス」‎を使うと思います。Googleアナリティクスを使用するとどの記事が自分のブログで読まれているのかが分かります。

それすらする事が面倒な人は、プラグインなどを利用してサイドにランキングなどを表示させて、人気のブログ、読まれているブログを知るというのも一つだと思います。

「読まれているブログを知ってどうするの?」と思われている人がいると思いますが、私的な考えで言うと、書いた記事の中で人気のない記事(例えば記事のアクセスが1日に1アクセスもない)は失敗した記事だと判断します。

その為、どんなに書きたくてもそのネタに関する情報は検索してまで知りたい情報ではなかった事を意味しています。せめて1つの記事に対して1アクセスは欲しいですね。せっかく数時間かけて頑張って書いた記事であっても読まれなければ意味がありません。時間の無駄だったという事と判断するしかないですね。

それでも最初の段階では記事を大量に生産します。もちろん、我慢して時間をかけて質のあるブログを書きあげます。ある程度、記事を書かないといけないので最初は我慢。とにかく我慢。いきなり人気のあるブログになる方が難しいのですから。

人気のブログも最初はアクセス数が増えなくて努力した結果です。今からwordpressでブログを書く人が記事もそれ程書いていないのに、他人のブログのようにアクセスがなくてイライラしている人はおそらく数日、数ヶ月でやめてしまうでしょう。

我慢して書き続けた結果、アクセス数はついてきます。

ただ、人気のあるブログはなぜアクセス数があるのか見ていますか?書き方が自分と変わっていませんか。人と同じような事をしていてはアクセス数は増えませんよ。アクセス数を稼げる人は人と違う事をしています。

同じテーマ、同じカテゴリーの記事を書いているのになぜと思っている人。根本的に何かが違っているのです。それに気が付いた時、アクセス数はいきなり増えていくのかもしれません。

「私は文才がないから・・・」

おそらくそれは関係ありません。私も文才がなく自分に対してがっかりしていますが、開設数ヶ月で月間3万PVを出す事が出来ましたから。

自分と何が違うのか。考えてみると良いかも・・・?

記事は全力で書かない。6割、7割程度。そして、分析、解析したブログと関連する記事を作り、読んで欲しい記事に導く

質の良い記事を書けとか言っているのに、6割、7割で良いと意味がよく分からない事を言っているなと思うかもしれません。

詳しく話すと1つのタイトルを分散して一つの記事を書きあげる事はしなくて良いという考えです。例えば私が書いた記事で言うと、学割のブログですね。

2016年!ドコモの学割を徹底検証!本当にお得なのか調べてみた
2016年の学割も終了しました! 今、ドコモ(docomo)、au、Softbank(ソフトバンク)で悩んでい...

色々な記事を後から作って参照するように作っています。

  • docomo機種変更時の頭金5,000円割引のために加入したオプションを解約する方法
  • 【dマガジン】頭金5,000円を値引きする為に加入したオプションの中ですぐ解約しなければ良かったと思うコンテンツとは?
  • 超簡単!?携帯の液晶保護フィルムをホコリや空気を全く入れず綺麗に完璧に貼る方法!!
  • 携帯ショップですすめられても購入しない方が良い商品とは?
  • ドコモ(docomo)のdカードGOLD(ゴールドカード)が凄すぎて興奮してしまった件について
  • dカードGOLD(ゴールドカード)の申し込み時に数十万円分のマイレージをもらう方法
  • 大手3社で携帯を新規・機種変更でマイレージ(マイル)も爆発的に貯める方法

少し記事を分散し過ぎた気がしますが、このように一つの記事に全てを書かないようにする。

そうすれば、PVは少しずつ増えていきます。自分のブログ内で人気の記事ですからね。例え検索結果上位表示にならなくても人気の記事の力を借りてアクセスしてもらうように作れば良いのです。

他人と同じ内容の記事を書いても上位表示の実現は難しい。どうしても見て欲しい記事は遠回りしてでも見てもらうようにする事が大事

battleground_state_keyword_003

いかがでしたでしょうか?

検索上位になかなか順位が入れ替わらないと思った時、少し遠回りになるかもしれませんが、自分のブログで何が人気の記事なのかを調べます。そこから関連した記事を書いてアクセスしてもらえるように書く事でアクセスを狙います。

また、激戦区ではない記事から激戦区のブログに辿り着くように書く事によって本来見て欲しい記事に導くという方法もあります。

人気のブログを見ながら自分に何が足りないのかを分析するのもブログを書く楽しみの一つではないでしょうか。

それでは!