シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

wordpressのプラグイン「Check Copy Contents」を入れてみた!コピーされた内容を見て思ったこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 21

wp_check_copy_contents_001

wordpressでブログを2015年11月から開始し一応、毎日、1記事以上は書いています。記事数もかなり増えてきました。

毎日、ブログを書き終えた後、wordpressで書かれているブログを適当に検索して勉強をしているのですが、前々から時間に余裕があったらやってみようかなと思う事がありました。最近、時間を見つける事が出来たのでやってみました。

私が今回、時間を見つけてやってみたいなと思ったのは、「自分の記事で何がコピーされているか知ること」です。

コピーされているからと言って「おい!バカヤロー!」って事ではなく、「この記事のこの文書がコピーされているんだ。」そんな気持ち程度で少し興味がありました。

WordPressのプラグインは本当に便利なものばかり。今回の目的を達成するのにもWordpressのプラグインで実現する事が出来ます。

「Check Copy Contents」というプラグインを使用する事によって、コピーされた文が分かります。以外にも私のブログもコピーされているものだと知りました。

今日は、wordpressのプラグイン「Check Copy Contents」を使用してみた結果の感想を書きたいと思います。

wordpressのプラグイン「Check Copy Contents」を使用してみて思ったこととは?

wp_check_copy_contents_002

実は、2016年3月に「Check Copy Contents」を導入しています。簡単な設定で指定した以上の文字をコピーされた場合、指定したメールアドレスに「コピーされてまっせ!」とお知らせが届くようになっています。

wp_check_copy_contents_003

インストール等の方法はネット上に数えきれない程ありますので、検索サイトで「Check Copy Contents インストール方法」などで検索して調べてみて下さい。

実際に、コピーされた時、こんな感じで通知先のメールアドレスで指定したメールアドレスにメールが送信されます。

検索サイトで「この単語はどういう意味かな?調べてみよう!」などと可愛い感じのコピーは面白くないので、誰かがブログを書いていて、丸パクリしていそうな感じのメールを紹介します。(コピーした人、やめようね。)。

wp_check_copy_contents_004

ちなみに、本文は途中からですが、最初から最後までこの記事全てをコピーされていました。「あらら」って感じですね(笑

ホットペッパーグルメで予約してPonta、ANAマイル、好きなポイント計3つのポイントを同時にゲット!
会社の先輩や後輩、友人などでご飯を食べに行ったり、飲みに行ったりする時、どこのお店が安くて美味しいのかをホットペッパーで調べたりしま...

こんな感じでコピーされた場合、すぐに教えてくれます。面白いプラグインですよね。

スポンサーリンク

情報提供者にとってコピーされる事は逆に嬉しい?

WordPressに関係なく、情報を公開している以上、本文をコピーされるのは当たり前のこと。量と言いますか、度合いの問題?ですかね。例えば、保険の記事を私が書いていて、その記事に含まれているキーワードを更に検索サイトで検索されるのは当たり前のこと。

記事を書く側から言うと、この世の中、世界にたった一つの記事を書く事って中々難しいですよね。自分は基本的に書きたい記事は自分の書きたいように書いています。結果的に、検索サイトで調べて被っていたりする事は当たり前。

同じ記事を更新されても負けない記事を!

作成するにあたって知識として不足部分を検索しているので、公式サイトなどを見て勉強している時点でかぶっているか分かりますが、文の書き方だと思います。タイトルや見出しの構成、文の内容によって例えかぶっていても興味をもって頂ける内容に書きあげれば良いのです。

だからといって内容を全てコピーし、文を崩して書いていかにもコピーされていませんというような書き方をせず、自分の力で記事を書きあげる事が大事。ですよね。

最終的に何が言いたいのかと。要はコピーされても検索結果でコピーされたホームページに勝てれば良い事なんです。私的な考えですケド・・・。

逆にコピーされても「あっ、この記事、コピーされる程、気に入ってくれたのか」などと半分嬉しくなったり。まぁ、同じ人が何度も違う記事をコピーされるのは嫌ですが。

wordpressのプラグイン「Check Copy Contents」は逆にアクセスログにもなる・・・かも?

wp_check_copy_contents_005

いかがでしたでしょうか?

逆に考えると、コピーされたという事は記事にアクセスしてくれたという事にもなりますね(プラス思考すぎ?)。ただ、今日もとある方とお話ししていたのですが、他の人のブログをコピーしてブログを書くより、自分の考えを書いた方が書き終わる時間が早いような気がします。

そして、コピーばかりしていると、文を書く力が付かないので時間が経っても自分が納得行く記事にならないのではと思います。

あくまでも参考した記事は情報を頂く程度がよろしいかと。

WordPressでブログを書いている人は、インストールしてみてはいかがでしたでしょうか?なかなか面白いですよ!

それでは!