シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事は信用が大事!嘘は必ずバレる!あなたのその行動が今後の評価となるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 21

work_is_important-credit_001

今日は少しお仕事について記事を書きたいと思います。

私、これでもIT業界に勤めて11年目となります。一応、社会人としてそれなりに頑張ってはいると思っています。10年を超えているので時には後輩に指導したりする場面などもあるのです。

実は、最近、仕事をする上で指導したくなるような出来事がありました。ただ、指導する人は自社の人間でもなくプロジェクト内にいる人間でもありません。

この日記を見て「私の事か・・・」と思った人は今後このような事をしないで頂きたいと思います。正直、この日記を書きながらかなり怒っている気持ちと同じくらい残念で悲しい気持ちでいっぱいなのです。

なぜ私がこんなにも怒っているのか。分かって頂けたら良いと思います。今回の出来事で信用はがた落ちです。お互い信用と信頼が大事な仕事をしているのだからあえて厳しく書こうと今日は思うのです。

「信頼しているよ!」から「もう信用出来ない」は簡単に変わる。ミスを認める勇気も必要。

work_is_important-credit_002

仕事をする上で「嘘」をついてはいけません。それが取引する会社の人であればなおさらです。例えば、IT業界でよくある話です。

取引先A様:「この画面に重大な故障(バグ)が発見された。確かこの画面は君が作ってテストをしたはずだ。この故障(バグ)についてはテストをする事になっていたが本当にテストをしたのかね?」

担当者B:「(あっ、やばい。テストをし忘れたけど、テストをした事にしておこう)あっ、はい。ちゃんとしてあります。確かにテストをした時は確認をしております。」

取引先A様:「では、テストをした証拠があるはずだよね。」

担当者B:「あっ、すいません。実はテストをしていません。」

取引先A様:「なぜ嘘をついたのかね。嘘をついて何の意味がある?本当に君が行ったこの画面の品質は保証出来るのかね。君じゃ話にならんリーダーを呼んでくれ。」

このように嘘なんてバレるのです。

この場を逃げるために嘘をついたため、結局は会社内で問題となりあなたの信用と信頼はがた落ち。取引先も問題の内容次第では今後の取引きも中止ししてしまうかもしれません。

ミスをした。自分の利益の為に追及した結果、嘘をつく事になってしまった。仕方がない事です。ミスは誰にでもあるもの。自分の利益のため。それもあるでしょう。人間なので楽になるようにやるのは仕方がない。

私は別にミスや利益の為に追及しても良いと思う。ただ、自分が発言した事と内容が違っている。もうアウトです。口から出る全ての言葉に嘘が丸出し。

なぜ、本当の事を言わなかったのか。知り合いだからこと言えば理解してあげたのに。私は”嘘”をつく人は本当に嫌いです。

ましてや”契約”という”お金”が発生しているのです。「知り合いだから何とか乗り超えれるだろう。」そんな気持ちで私に挑んだのであれば相手を間違えたと思って頂きたい。

信頼を取り戻すなら・・・

work_is_important-credit_003

今回、色々あったのですが全てのやりとりの中で「すいません。」という言葉で一つも出てこなかった。

例え、仕事はきちんとマニュアル通りやっていると思っていたとしても、それが私ではなく取引先(お客様)だったとした場合でも同じ事をしているのだろうか・・・。それならば社会人の先輩として言わして頂きたい。

「絶対にしてはいけない。ミスした時は素直になる事が一番の解決方法ですよ。」

信用を取り戻そうとは思わないでしょう。

それも正解。二度と会う事もない。今回限り。ただ、もし、少しでも「あっ、こうしておけば・・・」という気持ちがあるのであればどうすれば良いのか考えてみるのも良いのではないでしょうか。

数時間前は頭の中がやかんが沸騰したようになっていましたが、今ではぬるま湯状態。悲しいです。そんな程度だったのかと。

・・・それでは!

スポンサーリンク