シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いっしょにマイル割」を利用すると本当にお得なのか徹底的に調べてみた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 22

together_mile_split_001

昨日、ネットで色々検索をしていたら「ANAのいっしょにマイル割」というのを知りました。

我が家では、2017年に家族で沖縄に行く為に、あらゆるポイントをマイルをする事を目標してポイントを貯めていたのですが、上記の画像は東京⇔沖縄の飛行機代の例です。

ANAマイレージクラブ会員は10,000マイルで東京⇔沖縄の航空券が手に入れる事ができ、その他の人に関しては26,000円で往復の航空券をゲットする事が出来るのです。

全てのポイントをマイルに交換し、貯めたマイルで家族4人分(次男は3歳未満のため不要)の往復航空券をゲットしようと思っていました。

しかし、「ANAのいっしょにマイル割」を利用する事によって、1名分は10,000マイルで往復航空券がもらえるのです。

そこで、私は少し考えました。現在、全てのポイントをマイルに交換した場合、約9万マイルがあります。

「ANAのいっしょにマイル割」を利用すると1万マイルしか使いません。残り約8万マイルはビジネスクラスでハワイに行く為に貯めればよいのだ・・・と。

まてまて、それって旅割を使用した方がお得なんじゃないの?うーん、よく分かりません。じゃあ、徹底的に調べてみれば良いですよね!

ANAのいっしょにマイル割で沖縄に行くべきか徹底的に調べてみた!

together_mile_split_002

現金を使わずに沖縄に行こうと思ったのですが、ハワイに繋げるためには8万マイルを今後の為に残しておく方が我が家にとっては良い選択ではないのかと・・・。

その為には、「ANAのいっしょにマイル割」について勉強しなければいけません。ほぼ抜粋していますが、書きながら理解したいと思います。

スポンサーリンク

ANAのいっしょにマイル割の利用条件とは?

ANAのサイトによると「ANAのいっしょにマイル割」の利用条件は以下の通りです。

期間中、ANAマイレージクラブ会員を含む2名様以上4名様までのグループで同一便に搭乗し、同一区間を往復する場合に、会員ご本人様(1名のみ)は往復 10,000マイル、同行される方は往復21,000円~36,000円(一部の路線は15,000円~19,000円)にてご利用いただけます。

  • 10,000マイルでご利用いただける会員は、1名様のみです(2人目以降は同行者となります)。
  • ANAカードファミリーマイルでの予約はできません。
  • 会員ご本人がご搭乗されない場合、または同一予約内のご同行者全員がご搭乗されず会員ご本人1名のみになる場合は、全員に対していっしょにマイル割は適用されません。詳細は「いっしょにマイル割 人数変更時の取り扱い(主なケース)」をご覧ください。
  • 利用になるマイルは、ご同行者のお支払いが完了した際に同時に引き落とされます。

ANAのいっしょにマイル割の予約販売期間は?

往路搭乗2ヵ月前の9:30から4日前の23:59(購入手続き完了分)まで
復路は期間内であれば2ヵ月+14日後まで予約できます。

ANAのいっしょにマイル割の支払い期限は?

予約当日

ANAのいっしょにマイル割の「変更」について

航空券の名義および予約の変更はできません。

ただし、搭乗当日出発空港にて出発時に空席がある場合は、予約便より前の同一区間の便に搭乗できます(全員での変更が必要です)。
東京、大阪発着路線の発着空港変更の詳細は「発着空港の変更について」をご覧ください。

北部九州(福岡・北九州・佐賀)、広島/岩国発着路線は、発着空港をご変更いただくことはできません。
プレミアムクラスへの変更は、搭乗当日出発空港にて搭乗便にプレミアムクラスの空席がある場合に限り有料で承ります(予約できません)。

ANAのいっしょにマイル割の「払い戻し」は?

ご同行者の航空券の払い戻しは、往路搭乗前に限りANAマイレージクラブ特典予約デスクにて承ります。

その際、所定の手数料(払戻手数料と取消手数料)がかかります。 なお、出発時刻以降に取り消しをされた場合、払い戻しはできません(旅客施設使用料(PFC)も返却できません)。
会員ご本人のマイルは払い戻しできません
会員ご本人が解約の場合、または同一予約内のご同行者全員が解約し会員ご本人1名のみになる場合は、全員分の解約となります。

ANAのいっしょにマイル割の購入後に人の増減は出来るの?

◆人数が増える場合

人の追加は出来ないようです。

together_mile_split_004

◆人数が減る場合(マイレージクラブ会員が減る場合)

会員本人が搭乗しない場合は、「ANAのいっしょにマイル割」は適用されません。

together_mile_split_005

◆人数が減る場合(会員本人以外の搭乗者が減る場合)

会員のみとなる場合は、「ANAのいっしょにマイル割」は適用されません。

together_mile_split_006

◆人数が減る場合(会員本人+他1名以上存在する場合)

ANAマイレージ会員+他1名以上で「ANAのいっしょにマイル割」は適用されるため、このパターンは「ANAのいっしょにマイル割」は適用されます。

together_mile_split_007

ANAのいっしょにマイル割を使用した場合、1人あたりの料金は?

先ほども書きましたが、ANAマイレージクラブ会員の場合、10,000マイルです。その他の搭乗者はいくらなのでしょうか。

通常の場合、ピーク時、GWの時と値段が異なるようです。ちなみに、片道の料金です。往復の場合は、2倍という事ですね!

確かに、通常だと26,000円ですね。GWなど人気の時期は36,000円になるという事ですね。一律どんな時でも26,000円という訳ではないようです。

together_mile_split_008

ANAのいっしょにマイル割を使用せずピーク時に利用した場合、飛行機の往復料金はいくらなの?

「ANAのいっしょにマイル割」でピーク時が書いてあるので、その時にかかる料金を調べてみました。マイレージクラブ会員で10,000マイルを支払うとどれくらいお得なのでしょうか。

together_mile_split_009

7月15日~8月4日で調べてみましょう!安くても夕方から夜にかけての2万円台です。これもちろん片道の料金ですよ。

together_mile_split_010

ただ、今回、検索したのは7月15日~8月4日の日程であって、旅割り75など割引率が大きい時に予約すると料金は安くなります。

旅割75のANA477便の15:55発を予約すると8,990円で予約する事が出来ます。

together_mile_split_011

全てマイルで行く?いっしょにマイル割で行く?75日前の最安値で行く?どれが一番お得なの?

ここまでくると結果を待たずマイルで沖縄に行くのってもったいないと思ったりしますが、お金はかかるのです。しかし、今回、沖縄に行く時に使用しなければ9万マイルが残るのです。

次男が3歳になる前にハワイに行くとした場合、ビジネスクラスでハワイに行く場合、65,000マイルが必要となるのです。

行くならビジネスクラスで行きたいと思っているので、195,000マイルが必要なりますが、2年後に行くと考えれば・・・頑張れ・・・そう・・・かな?苦笑い

マイルで沖縄に行った場合を考えてみる・・・!

家族4人マイルで沖縄に行く場合、必要なマイル数は、下記の図を見ると分かる通り、一人14,000マイルから22,000マイル必要です。

家族4人(次男は3歳未満のため不要)となると42,000マイル~63,000マイルが必要となる事が分かります。

together_mile_split_012

「ANAのいっしょにマイル割」を使用した場合で考えてみる

ANAのいっしょにマイル割は10,000マイル+26,000円+26,000円です。

計:52,000円と10,000マイル

旅割75を使用した場合で考えてみる

適当に旅割75となる日を指定した場合、一人片道11,000円です。3人分で66,000円が必要となる訳です。

together_mile_split_013

結論!旅割75は変更が効かないけど安い!マイルは変更出来るけどマイルが減る・・・どうする俺・・・

together_mile_split_016

旅割は予約の変更が出来ません。どうしても予約の変更を行うのであれば、キャンセルしてから改めて購入する必要があるそうです(料金を支払ってしまった場合)。

その為、行くと決めたのであれば旅割りで予約すれば良いのですが、変更しない事が大事です。下記の図の通り予定日に近づけば近づくほど取り消し手数料がかかります。

together_mile_split_014

しかし、マイルは変更が出来るのです。

together_mile_split_015

変更する場合がシーズンをまたぐ場合は差額のマイルが必要となりますが、シーズンをまたがない場合は、変更希望便出発日の4日前(搭乗日を含まず)まで、かつ元々のご予約便の出発前まで受け付けてもらえるのです。

最終的に出た答えと言うと、お金があるのであれば沖縄はマイルで行くのではなく旅割75を使用した方が良いのではないかと。

ただ、沖縄に行く為に必要なお金は飛行機代だけではなく、宿泊、食費、その他移動費、お土産などなど色々なものにお金がかかります。

妻が育児休暇であるため貯金もそれ程できません。

妻が育児休暇の1年間、貯金はせずに思い出づくりをすると決めました
日付が変わって今日から妻が育児休業になります。 我が家では4月に2人目の子どもが産まれる予定となっています。 私は、土日...

やはりお金を出すのはやめて今を楽しむためにマイルで沖縄に行く事がベストなのでしょうか。

ちなみに、マイルをそれ程もっていない人が「いっしょにマイル割」を使用する事はお得になるかもしれませんが、ある程度マイルがある人の場合では、「いっしょにマイル割」はそれ程、お得だと感じないかもしれません。

それでは!