2020年JALマイルを貯めてビジネスクラスでハワイを目指す!最大のメリットは片道の特典航空券が発行できること!

JALマイル
  • ハワイ行き決定!初心者でも簡単に年間20万ANAマイル以上を貯める・使う方法!
スポンサーリンク

2020年JALマイルを貯めてビジネスクラスでハワイを目指す!最大のメリットは片道の特典航空券が発行できること!

ポイントサイトでANAマイルを貯めると誰もが気付く事があります。それは「ANAマイルを貯めてハワイに行くよりJALマイルで行く方が簡単」という事です。

じゃあ、なぜJALマイルを貯めないのか。それは「ANAマイルより交換率が悪い」からです。皆さんご存知かと思いますが、ANAマイルは70~80%の交換率に対してJALマイル50前後なのです。

ANAマイルの方が貯まりやすいならANAマイルでハワイの特典航空券を発行すれば良いじゃないかと普通は思いますよね。

一度は経験した事がある人は「ANAマイルを使ってハワイの特典航空券は中々ゲットする事が出来ないんでしょう?」と言うはずです。そうなのです。日本人が大好きなハワイは競争率が高く中々ゲットする事が出来ないのです。

但し、私のように「日にちは後で調整すれば良い。まずは航空券を獲得する事が大事」という人は1年後のハワイの航空券ならゲット出来る時もあります。

ハワイに無事行く事が出来た私は帰りのANAの飛行機の中で「やっぱりハワイは最高だった。」と言うでしょう。

そんな1年後の私を想像して「1年後に2回ハワイに行かせてあげよう計画」を勝手に思いついた訳です。

なぜ2020年3月にハワイに行くのか

私の目標は2020年3月にJALマイルでハワイに行く事を目標としています。なぜ2020年3月なのか。それは「長男が2020年4月から小学校へ通う」からです。

小学校になると今までのように学校を休ませて旅行に行くという事は私はしません。勉強が出来ても出来なくても学校は休まず行くこと。それが私の教育方針です。

旅行に行ける機会が少なくなるのは寂しいのですが、2020年3月にJALマイルでハワイを最後に長男が小学校に慣れるまでは旅行はお休みしようかと思っています。

その為には何が何でもJALマイルを貯めてハワイに行こうと思ったのです。そこで思いついたのがJALマイルという事です。

使い道に悩んでいたので「JALマイルでハワイに行こう」となった訳です。

JALマイルでハワイに行く為に必要なマイルを調べてみた!

JALマイルはANAマイルと違って「片道」でも特典航空券を発行する事が出来るのです。

行きはエコノミークラス、帰りはビジネスクラスなんて選択も可能なのです。選択肢が広がりますよね。

まずは、基本中の基本。片道・往復で必要なJALマイルを調べてみましょう。

※2018年8月現在での情報でシミュレーションしております。特典航空券PLUSの制度が2018年12月(予定)から始まりますが、とりあえず新制度は無視してシミュレーションしています。

「エコノミークラス」で行く場合

片道だと20,000JALマイル。往復だと40,000JALマイルになります。

2020年JALマイルを貯めてビジネスクラスでハワイを目指す!最大のメリットは片道の特典航空券が発行できること!

我が家は4人家族なので片道だと80,000JALマイル。往復だと160,000JALマイルとなります。

「プレミアムエコノミー」で行く場合

片道だと30,000JALマイル。往復だと60,000JALマイルになります。

2020年JALマイルを貯めてビジネスクラスでハワイを目指す!最大のメリットは片道の特典航空券が発行できること!

我が家は4人家族なので片道だと120,000JALマイル。往復だと240,000JALマイルとなります。

「ビジネスクラス」で行く場合

片道だと40,000JALマイル。往復だと70,000JALマイル~80,000JALになります。ビジネスクラスだけ往復は70,000JALマイルと80,000JALマイルがあるのはなぜ?

2020年JALマイルを貯めてビジネスクラスでハワイを目指す!最大のメリットは片道の特典航空券が発行できること!

我が家は4人家族なので片道だと160,000JALマイル。往復だと280,000JAL~320,000JALマイルとなります。

現在、保有しているJALマイルから計算するとビジネスクラスは乗れるのか計算してみた!

現在、私が保有しているJALマイルは以下の通り。

2020年JALマイルを貯めてビジネスクラスでハワイを目指す!最大のメリットは片道の特典航空券が発行できること!

今日のお昼休みエクセルで色々なパターンを作りました。その結果、私の目標は以下に設定しました。

  • 往路:ビジネスクラス
  • 復路:ビジネスクラス

上記の場合、必要なJALマイルは280,000JALマイルになります。現在、28,100JALマイルを移動中です。なので上記の画像に28,100JALマイルを加算すると136,100JALマイルになるという事です。

現在、2018年9月です。ANAマイルでハワイのホノルルの特典航空券を発行出来た時と同じ状況で発行する予定なので2019年3月には143,900JALマイルが必要となります。

2018年9月から2019年3月までは7ヶ月です。1ヵ月約20,557JALマイルを貯めなければいけない計算となります。

往復、ビジネスクラスに乗る事を目標にしちゃいます!7ヶ月で貯めれるか分かりませんが。。ビジネスクラスだとJALのラウンジも使えるので待ち時間が退屈にならないのも良いですよね!!

毎月約20,557JALマイルは現実的に貯まるのか?

当ブログではポイントサイトを利用してANAマイル、そして、今回のJALマイルを貯めます。

【2018年最新】初心者でも簡単に年間20万ANAマイル以上貯める・使う方法!ハワイ行き決定しました!
飛行機に一度も乗らず短期間で大量のマイルを貯める方法があるのか?半信半疑でこのページに辿り着いたかと思います。 今回、私がご紹介する方法を利用すれば誰でもハワイに行く為に必要なANAマイルを短期間に簡単に貯める事が可能です!!...

ポイントサイトの魅力はお友達紹介ポイントですよね。お友達が獲得したポイントの10%~100%のポイントを運営者からもらう事が出来ます。お友達から奪うのではありません運営者からもらうのです。ここが重要!!

お友達紹介ポイントとポイントサイト活動の2つを同時進行していけば実現出来ない数字かなと思います。

現在、保有のポイントを一気にJALマイルに交換すれば楽チン!

ANAマイルを貯める記事でもご紹介しましたが、私は以下の4つでポイントを貯めています。

上記のポイントを一部JALマイルに交換しようと思います。おそらく7万JALマイルは一気に交換する事が出来るのではないかと思います。そうなると一ヵ月に貯めなければいけないJALマイルが減ります。

一気に毎月10,557JALマイルになります。これならクリア出来そうですよね。

JALでプレミアムエコノミー&ビジネスクラスで行くといくらかかるの?

もしかすると280,000JALマイルを貯めるより現金で支払った方が安いのかもと思ったので、3月の適当な日で検索してみました。行きはプレミアムエコノミー、帰りはビジネスクラスです。

2020年JALマイルを貯めてビジネスクラスでハワイを目指す!最大のメリットは片道の特典航空券が発行できること!

140万円!!!これは驚き!!!まぁ、ツアーならもっと安かったりするかもしれませんが、現金でハワイに行くのは現実的に絶対に無理です!

妻にも怒られます。JALマイルで行くならきっと納得してもらえるハズ!!

宿泊するホテルは「シェラトン ワイキキ」・「マリオット」・「プリンスワイキキ」など

2020年3月に行くハワイ旅行も宿泊のホテルは豪華にしなければいけません。但し、お金をかけずにです!

何泊するかは未定ですが最低3泊すると考えた場合、以下のホテルにしようかなと思っています。

上記の日程でホテルを3件はしごしちゃいます。

  • マリオットは年間のSPGアメックスカードの支払いポイントで貯まりそうなので無料ポイントを狙います。
  • プリンスワイキキはプリンスポイントを貯めてタダ宿泊です。
  • シェラトンワイキキについては無料宿泊券を使って泊まろう計画です。

2020年3月はJALマイルでハワイに行くぞと勝手に計画中・・・!!

いかがでしたでしょうか。

おそらく妻に言うと「ANAマイルでハワイに行くのが〇月だよね?また行くの?絶対にみんなに怒られるからダメ」と言われるでしょう。

なのでここは内緒で貯め続けて「あっ、あの日開けといて」みたいな感じで驚かせたいと思います。サプライズです(笑

という事で、10万JALマイルの使い道が決まったお話でした!

それでは!!